プロフィール

六条 疾風

Author:六条 疾風
Chaos鯖で六条 疾風って両手剣GXパラ使ってました。
今は献身です。
更にメインはRKです。
RO復帰しました。
まぞいですが楽しいです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ぼーっと進む日常
ROメインは両手剣GXパラ。 それなりの考察ができたらなと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

騎士では使いにくい武器も
自分のキャラなら使えるんじゃないかと。

両手剣で今買おうと思ってるのは二つ。

正宗
ブラッディイート

この二つです。

どちらも癖があり、両手剣騎士には使いにくいと言わざるを得ない武器です。


ただ、特殊な自分のGXならそこそこ扱えるんじゃないかと。


正宗はASPDとFREE上昇がソロ時は少し欲しいので便利です。
カードがさせませんが、GXにはATK上昇ぐらいしかささないので特化はあまり意味なし。
ある程度かわせるようになればソロ時のヒール回数も減って、SPにもやさしくなるんじゃないかなと。
ただ、DEF低下がすごいネックなので、かわせなければ逆にヒール回数が増えてSPを圧迫するという悲劇が待ってます。


ブラッディイートはATKの高さと、今は値段が安いので過剰しやすいというのが大きいです。
カードもさせるのでサブ火力補強にサイズ特化か、それともアンドレ2枚をさすかという楽しみもあります。
標準で付いてる念属性もHXでうてば気にならないのでいいかもと。
ただ、防御力があがる要素がないのでネックといえばネック?


なんか書いてたら火力上昇のメリットが目につくのでブラッディイートでいいかなーとか思うんですが、正宗にも避けGXというロマンが詰まってるので捨てがたいです。

お金がなかなかたまらないのでひたすら狩りでお金をためることしかできませんが、はやく使い勝手を書けるように頑張ります。
スポンサーサイト
今日も今日とて元気です
aos019.jpg


とりあえず俺の理想とする両手剣GXのためになんとか奔走してるのですが、何より装備やレベルがなければ話にならないわけで。


聖域3Fでカードを狙いつつのんびり狩るのが最近の日課です。


装備はこんな感じです。

s021.jpg

バイオレットフィアーはお休み、防御力を高めるカッツバルゲルで安定性をできるだけ確保。
アクセサリーもクイールペンリングとスモールブックペンダントを選択。
イヤリングなどに比べてSP回復力は落ちますが死ぬよりはマシです。
座るときはイヤリングに持ち替えます。

そう言えば、友達のプリが復帰したのでちょっと壁をしたのですが、その報酬としてローレベルヴァルキリーシューズを買ってもらうことが出来ました。
SPの量が増えていい感じです。

それでもSPカッツカツにはなるのですが……。



さて狩りのほうですが、このMAPは南北で沸くモンスターがほぼ別れており、南半分はホドレムリンばかりがわくエリアになっているのでGXには嬉しいです。
湧きもそんなに激しくないのでSP消費の苦しいGXでゆっくり座れるのはありがたいです。


ホドレムリンは攻撃を食らうとスキルを多用するようになるので、倒すときは一撃で。
もし倒しそこねると、SBやストリップを撃ってきます。

アーマーストリップされれば、防御の大半を聖鎧に任せている自分のパラなんて消し飛びますからそこは気をつけながら、立ち回ります。
mobのセルが重なってGXが2HITとならぬように、また自分のGXの最低ラインは格殺ではないので、GXを撃っても気を抜かずにすぐにバッシュ連発の準備をします。

これでかなり死亡率は低くなるので、なんとか立ち回れています。



先立つ物がないと折角のGXパラも腐ってしまうので、レベルが安定する90あたりまで乗せつつ装備を揃えたいですね。

神様!自分にカード運を下さい!
ROで初めてのギルド
両手剣の個性を際立たせようと色々考えたのですが、武具を購入しなければそのレポートも出来ないことに気づき、臨時等を回りながらこつこつとお金をためています。

なかなか回復剤をあまり使わないソロも厳しいキャラですので、レベル上げも重視しながらいいレポートをかけたらなと思います。



ROが自分は大好きです。
ただ、一人でやるのではこのゲームはあまり好きになれなかったと思います。

なので今回は、そういうROを好きになる上で重要な出会いなどの話をしていけたらと思います。





初めてのギルド狩り


これは、自分がROをして初めてのギルド狩りで撮ったSSです。
向かって左から3番目のクルセイダーが自分です。



このときは確かまだ始めて一ヶ月も経っていない頃でした。

まだ高校生だった自分は受験勉強もそっちのけで、家にネット環境がないので新しく手に入ったPCを友達の家におき、放課後入り浸ってはROをやっていました。

友達はもともとROユーザーでしたので、最初にこちらがROをやりたいと言った時に、色々とアドバイスをしてくれました。
が、一つ間違いが。

ROをするなら最初に2次職を見据えてキャラを育成するのが良いやり方だと思います。
友人にどんな職があるのかを聞き、剣を使う職業がもともと好きだった自分はナイトかクルセイダーを選択することとなり、魔法も使えるというクルセイダーを選択することに決めました。
魔法に重点をおいて選んだ物ですから、型も必然的にGXに。


友達が序盤はレベル上げを手伝ってくれて、武器も御下がりをもらうことになりました。
そこで友人の質問が。

「片手剣と両手剣ってあるんだが、どっちがいい?」と。

両手で剣をぶん回すのがかっこいいと思った自分は迷わず「両手剣」と答えました。
「だろうと思った」と友人も言いました。

この時点で両手剣GXが誕生するのは自明の理だったと思います……。


そのあと順調にレベルを上げ、転職し、ヒールに少し寄り道したあとGXを覚え、そろそろギルドに入りたいと思いました。

そこまでは「ある程度強くないとギルドもパーティも入ってはダメだ」という勘違いがあったため、まともに近寄ることが出来なかったんですよね。

なんとかある程度は強くなったよな……?と思ったため、公平広場のあたりでメンバーを募集している中から探すことに。
一番最初にチャットに入った方はおらず、そのあと連絡もつきませんでした。

その次に入ったチャットの方はとても親切で、PCに不慣れだった自分の発言も待ちながら会話してくれてとても嬉しかった記憶があります。
初心者も歓迎ということでしたのでそちらに入らせてもらうことに。

それがこの写真のギルドです。

入った当日にPD4F→城2と拉致され、レベル帯も関係なく遊んだ記憶があります。

マスターがとても良い方で、両手剣を使ってると言った自分のクルセを「ネタだネタだ」と言いながらペアに誘ってくれてよく狩りに連れて行ってくれました。
初心者だった自分に装備のアドバイスなども貰い、リビオのSB食らってすぐ死ぬような自分のクルセをちゃんと戦えるようにしてくださったり、色々と勉強になることが多かったです。

今のスタイルがあるのも、この時ネタだと言いながらもつきあってくださったマスターのおかげだと思ってます。


ギルドはもうなくなり、あのときのギルドメンバーの大半の方とはもう連絡もつかなくなりましたが、あそこで遊んだ記憶は自分の中で根付いています。


ちなみにマスターとは別キャラのプリと何故かPVで勝負し、こちらが勝利して結婚に取り付けたという逸話があります。

バグでこちらの結婚指輪「だけ」が消えるということもありましたが、未だにどちらもキャラを消すこともやめることもなく続いてますw
カッツとフィアー
「カッツバルゲル」
Vit+10 DEF+10
ATK175
重量200

「バイオレットフィアー」
物理攻撃時、一定確率で5秒間、一般モンスターのDEF無視 物理攻撃時、一定確率でオートスペル[メテオストーム]Lv3・[フロストノヴァ]Lv5発動
ATK275
重量220



自分の持ってる武器の中で特に気に入ってるこの二振り。

攻撃力だけ見ればフィアーの圧勝なので、両手剣騎士の方などはこの二つを比べてソロ狩りなどに行くときはまず悩むことは無いだろうと思うのですが。

先日述べたとおりカッツバルゲルを+7まで過剰している自分には、カッツバルゲルの方がGXの威力が高いという計算でした。


しかし、GXには忘れてはならない代償があります。

反動です。

GXを打つとその時にあったHPの20%をコストとして支払います。
そのあと反動ダメージとして、GXの最終的な攻撃力の1/2を受けることとなります。

反動ダメージは聖属性ですので、聖鎧を着ている今の段階では外されない限り受ける事は無くなりました。

ただ、支払うコストとしてのHP消費はなくならないわけで。



カッツはGXの威力が上がり、VITとDEFが自分の場合上昇しますが、その分払うコストも増えるわけで。
プリや自分が払うヒールの消費量もその分無視できなくなるんじゃないかと。

というわけで計ってきました。



装備は

+4エリュダイトヘルム
悪魔の羽耳
+7ホーリプレート
+7イミューンウルフヘジン
+7ブーツオブウィッチ
クイールペンリング
スモールペンダント

ステは
STR 42+8
AGI 31+5
VIT 37+8
INT 91+6
DEX 40+6
LUK 1+1


となります。

そして、武器は+4バイオレットフィアー、+7カッツバルゲルのデータをそれぞれとることにします。

敵はカタコンペのレイス1体とし、10回撃ったあとの残りHPの平均を出します。


結果は


+4バイオレットフィアー装備
平均HP 8055.3/10688
消費量 約2633

+7カッツバルゲル装備
平均HP 8720.8/11274
消費量 約2554


装備品が運に左右されるウルフヘジン、さらにAGIちょいふりなので、ダメージのばらつきが多少あるのかもしれませんが、正直この結果は意外でした。
印象としてはDEFがあがってGX詠唱中の被ダメが下がっても、HP上昇分消費量は増えるという予想でしたので。


もしかするともっと多い数の平均をとったほうがいいのかもしれません。


もっと多い数の平均をとってもこうなら、、フィアーはGXで処理しにくい敵がでる場所での補助火力と割り切った方が良いかもしれません。
防御力無視は大変魅力的ですし、通常攻撃はフィアーの強さは際立ちますから。


なにやら煮え切らないデータとなってしまいましたが、今日はこの辺で。

バイオレットフィアーに差すカードもまだ決まっておりませんので、色んなところを回ってから決めたいと思います。
六条疾風御手選六腰
こちらのほうで御手選十腰というのをやっていたので混じらせていただきました。
騎士の方ばかりがやっているようなのですが、自分もやってみようかと。
騎士の方と使う両手剣が結構違いますが……。


紹介する武器は10もなく、6しかないのですがどれも思い入れ深い武器なので紹介したいと思います。

数字が少なくなるにつれて順位(?)が高い……であってますよね?



6:+5超強い海東剣

超強い海東剣

いきなり片手剣かよと思われるかもしれませんが、やはり誰かとペアや大PTでいく場合は盾を持たなければ迷惑をかけることもありますのでそのときはこれが活躍します。
星が入っているので必中ですし、HXがあればあたらない敵はいないのでタゲをとるときなどは便利です。
転生前の狩りは特に御世話になりました。
ただ、片手剣修練が1しかないので普通に斬るだけではむちゃくちゃ弱いです……。


5:ツヴァイハンダー
画像がないのですが、これも御世話になった武器の一つ。
買った当時、カードがさせないといえど攻撃力200のレベル4武器はGXを撃つ上では魅力的でした。
特化は意味をなさないので、ATKがただ高ければ問題なかったのです。
あとは、武器グラフィックがかっこいいのもお気に入りになる要素の一つでしたね。


4:各種属性クレイモア

属性クレイモア

ファーストで両手剣GXクルセを作り、転職までこぎつけたのは良いんですが、そのあとの狩りは結構辛かったです。
騎士のようにぱっと火力が上がるスキルがありませんでしたから。
最初に先行してとったのもヒールでしたし……。
ひたすらバッシュ狩りという剣士時代と変わらない日々を過ごしてました。
FD4でソヒーばかり狩っていたので、最初に買ったのは風属性クレイモアでしたね。
その頃はBOTがビュンビュン飛びまくっていて、初心者の自分は「黄色のキャラと玉(気弾)が浮いてるキャラはBOTの印なんだな」と、あたかも仕様のように感じていましたね。

そのあとお金がたまり他の属性クレイモアも購入し、GXが3か4ぐらいになってギルドに入るまではそれで各地を転転と動いていました。


3:バイオレットフィアー

フィアー ウインドウ

ご存じ最強の両手剣。
買ったばかりなので思い出はそんなにないのですが、GX以外の攻撃力とASの楽しさはピカ一。
未だにカードを刺すのに踏み切れず、悶々と過ごしています……。


2:+7ダブルハリケーンツーハンドソード

疾風2HS

画像が装備した時の立ち絵しかないのですが、これも大事な武器の一つです。
初めてのギルドに入り、ギルメンの方もよく狩りに誘ってくださり、臨時も行くようになり、GXも順調に10達成してしばらくしたころ、ギルメンの一人に貰った武器です。
+7のフルプレートと一緒に下さり、大変感謝しました。
80を超えるあたりまでずっとこの武器を使っていたと思います。
GD3も監獄もニブルもこれ一本でしのいだ良い武器です。


1:カッツバルゲル

+7カッツバルゲル

オーラロードを走り抜け、今だに現役で活躍しつづける相棒です。
DEF+10、VIT+10という、GXクルセのためにあるかのような性能には惚れ惚れします。
90超えてからはこれで城ペアもこなせました。
キメラあたりが盾を壊そうとしてきても、盾なんか持ってねぇぜ!って言えるのがちょっと誇らしかったり。

始めた当初は80Mほどしたのですが、ゲフェニアダンジョン登場あたりから安くなりました。
城ペアで深遠cが出て、そのときの相場が10Mを超えていましたが、購入。
以来過剰精錬などをして世代交代はしていますが両手剣をつかうときは必ずこれといって良いほど使ってます。

両手剣騎士ではあまり狩りに使われることが無い分、つかい倒してやろうと思ってます。
目標は+9カッツバルゲルですね。




こんなもんですがいかがでしょう。
他にもちょこちょこつかった剣はあるのですが、「狩りで使った」と言えるのはこのあたりでしょうね。
カッツは相場がダダ下がりし、もう500kもいかなくなりましたが、未だに自分にとっては最高の武器です。
性能のおかげで、特化盾がないなら普通の盾を持つよりこっちを持った方が耐久力は上がりますしね。
GXのためにおあつらえたかのような性能が気に入ってます。

ただ、惜しむらくはスロットエンチャントが出来ないこと。
ツヴァイはできるのにーと涙をのみましたね。


○○御手選○腰はどうやら自由にやってかまわないらしいので、皆さんもいかがでしょうか。
最強の両手剣の落とし穴
バイオレットフィアーを装備してのGXのダメージ計算をしていたのですが、思ったよりも伸びず。

予想ではもっと火力が上がるはずだったのにそれほどでもなく、むしろ前に装備していた+7カッツバルゲルの方が火力が高くなるという計算に。


はて?と両者を比較。

+4バイオレットフィアー
ATK275+精錬ボーナス

+7カッツバルゲル
ATK175+精錬ボーナス

過剰精錬を含んでも、バイオレットフィアーとカッツバルゲルには100近くのATK差があり、通常攻撃したときの攻撃力も明らかに違うのがわかります。

Cを差していないとはいえ、負ける要素はないはず……。と思ってダメージ計算式を完全に失念していたことに気付きました。


以下テンプレからの記載

>ダメージ計算・仕様
>物理計算:[ ATK×(100-除算DEF)/100 - 減算DEF + 精錬ATK ]×Skill倍率×聖属性
>魔法計算:[ MATK×(100-除算MDEF)/100 - 減算MDEF ]×Skill倍率×聖属性
>最終与ダメージ:(物理計算 + 魔法計算)×聖属性

記載ここまで。


武器の攻撃力はもちろん物理計算式に入るので、この計算式だと精錬ATKは後で加算されるので、通常攻撃よりも強く精錬ATKの方が重視されることになってます。
GXは通常だと3HITし一つ一つがこの計算式なので、過剰+3と無しではその差は大きなものとなります。

これはやってしまったと思いました。
ATKやかっこよさのみを追って、メインであるスキルの仕様を忘れているとは、休止者故のミスとも言えます。


しかし悔やんでも仕方ありません。
どうにかする方法はあります。

1.バイオレットフィアーをカッツバルゲルと同じ+7まで過剰精錬する。

2.バイオレットフィアーにアンドレcを二枚差す。

3.別の使い方を考える。


1は現時点のバイオレットフィアーの相場を考えると現実的ではありません。(10年1月現在露天相場13Mほど)
運もありませんから+7というのは結構絶望的な数字です。

2もバイオレットフィアーにアンドレc差しというのは、いくらなんでももったいない気がしてしまいます。
GX以外に使い道が無くなってしまいますし。

となると、3の使い道が一番現実的だなと。
最強の攻撃力を持っていますし、ASの特殊能力はGXでも発動します(聖鎧装備の反動missでも発動確認)
スロットも2つあるので他の事にはかなり使えそうです。

4の選択肢として、売って防具を整えるというのもあるのですが、やはりこの剣は自分にとって大変魅力的ですので手放すことはできるだけしたくないです。



しかし盲点でした。騎士のように「ダイレクトに特化や攻撃力が反映される職とは仕様が違う」ということをちゃんと考えておかなければなりませんね。
新しく始めるにあたって
いくつか目標をたてておきます。
なんというか、そうしないとROとしてもブログとしても面白みがなくなってしまうので。


1.今年中に転生オーラ。ただし楽しく狩りをして。
自分のキャラはあまりオーラにすることに意味はないのですが、やはり目標を高く掲げておいた方がいいだろうと。
ただし、効率だけを追い求めると単なる作業になってしまうので、ここはやはりゲームとして色んな楽しみを追い求めながらやっていきたいと思います。

2.記事の充実
今までの記事を見てもあまり他人に見せるためのブログじゃないのですが、ブログという形をとる以上見る人が楽しめるような記事を目指してどんどん改善していきたいと思います。
SSの充実や、RO内でのデータ的なものもちゃんととっていけたらいいなと。

3.他の方のブログ紹介。
これは色んな人の楽しみ方を参考にする、自分のためのものですね。
GXパラ使いですが、どこから新しい楽しみ方が生まれるかもわからないので、色んな職業のブログを覗いてみようと。



以上、三点を特に重視して今年からやっていきますのでどうぞよろしくお願いいたします。
離れていたROとブログ
長らく休止しておりましたが、復帰することに。

これからは内容の充実をはかっていきますのでよろしくお願いいたします。


さて、離れていたROに復帰するにあたり、手に入れた物があります。



聖鎧と蒼紅宝剣バイオレットフィアー


聖鎧と蒼紅宝剣バイオレットフィアーです。


休止するきっかけとなったのが、リアルの忙しさと、あと転生してからのパラのパワーアップがほとんどなく、目標もなく、モチベーションが低下していたのも原因なんですよね。

で、この二つの武具でそれを補おうと。


ふと時間が空き、特にやることもなくアカウントがまだ残ってるかの確認も含めて課金。
ROには入り、露店でもだらだら見てると、+7ホーリプレートが60Mで店売りされておりました。
これは安くなった!と歓喜しましたね。

俺が知ってるのだとカードだけで120Mはくだらないものでしたから。

そこで少々無茶な出費でしたが、「長年のGXとしての夢が叶う」と購入。

その後考えました。

でも火力が上がらなければ面白みがないんじゃないか……?と。
反動が消えるというだけでは何かぱっとしなかったのです。

強烈な、両手剣GXパラの個性を引き出してくれるもの。
といえば強力な両手剣しかないだろう、ということで露店に並んでいた中で一番いいと思った両手剣を買いました。

それがバイオレットフィアーです。

俺が休止する前はこんな武器は存在せず、初めて見る両手剣でした。
しかし、攻撃力は高く、何より武器紹介グラフィックがかっちょよすぎる。

これは買いだと思い、残っていた有り金を全てはたいて購入しました。


そして装備してから気づきました。

バイオレットフィアー固有グラ

こいつ、専用グラフィックが存在するのか!?と。

もう無茶苦茶喜びました。これこそ俺が求めてた両手剣だと。


これらの装備ならばマンネリで停滞していたパラの育成にも本腰を入れることが出来、なおかつ色んなところに遊びに行く余裕も出来るんじゃないかと今から期待でいっぱいです。


これからは育成モチベをさげず、また両手剣GXパラやROの楽しさを伝えられるようにがんばっていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。
復活しました
長い間放置してリンクもとうに切られていることかと思いますが、ROに復帰しブログも再始動することにしました。

書いてた内容もRO以外はガラリと変えるつもりですが、どうぞよろしくお願いいたします。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。